東 京 往 来

結果オーライ、イッツオーライ、東京all right♪

火曜日の生あくび

ここ数か月以上、一週間のうち、火曜日がもっとも疲れる気がする。

土日休んでいるわけではないので、休み明けの月曜の疲れが火曜に出ているのではないとは思う。

が、土日はバイトなので、やはり一週間の仕事始めの月曜日のせいなんだろう。

朝起きるのはつらいが、起きてしまえばなんともない。

でも、昼間や夕方、眠いわけでもないのにあくびを繰り返す。

そして明日もまた会社へ行くと思うと、うんざりしてくる。

いやいや。

仕事があるということは幸せだよ。働くことのできる体でいることは幸せだよ。

そう、思い直して、自分を戒める。

わがまま言わず、怠惰にならず、頑張らなきゃだめだよ、アタシ。

今週はヨルバイトがないので、少しはのんびりできるのか、それとも追い詰められるのか。乞うご期待。

先週末から、やけにくしゃみと鼻水がでる。

月に叢雲

別に良いことがあったわけではない

けれど、悪いことがあったのでもない

今夜、市ヶ谷駅を降りたとたんに見えた丸い月に、イワシ雲のように、まばらな雲がまんべんなくかかっていたから、なんとなく呟いてみただけ

風はないので花は無事

花ではないけれど、今日も無事に終了

明日は明日の風が吹く

後は野となれ山となれってか

明日から、十二月

自己満足

我慢強いねと言ってくれた人がいる

どちらかと言えば我慢強い方かもしれない

でもそれ以上に、負けたくない気持ちが強いような気が、自分ではしている

でもそれは負けず嫌いとも違うようにも思う

能力や才能が違う他人に負けるのは、仕方がないことだと思い、簡単にあきらめる

自分より背の高い人が、高い場所に手が届くのは当たり前で、自分の手が届かないのは仕方がないことだとあっさり思える

私はただ、自分に負けたくないだけなんだと思う

自分で決めたことをしないのは、逃げることのように感じて、それが嫌なのだと思う

それがどんなにくだらなく、意味のないことで、理屈に合わぬとしても、あるいは誤っていることなのだとしても、決めたとおりにしたいと思っているだけ

それほど、私は怠慢な性分だということで、意地になっているのは、単なる自己満足なのだけれど

私を否定せずにいてくれる人たちに感謝します

今日もありがとう<m(__)m>

十四番目の月

今日も無事にバイト終了

市ヶ谷駅を降りたら、まんまるに見える月が輝いていた

まんまるそうで、ちょっと足りなそうで

あと一頑張りで完成する

十四番目の月はいいね

www.youtube.com

今日は寒かった

明日は襟巻をしようかな

今日も優しくしてくれたみんな、ありがとう<m(__)m>

改めて

私に体力を与えてくれた遺伝子に感謝します

この不完全ではあるけれど、健康な日々が、もうしばらくはもちますように

どうしてもやらねばならぬことを終えることができますように

自分に課した責任を果たせますように

今日も仕事とバイトをありがとう

一緒の時間を過ごしてくれた人たち、ありがとう

長い今週

今週は、月曜日が祭日で仕事に行かなかったけれど、火水木が長かった

やらなければならぬことは、まだ終わらない

年末調整と、年賀状と、補聴器と、それらのことを済ませてしまいたい

焦るわけではないけれど、なんとなく、終えることができるかどうか、気にかかる

気が付けば11月ももうあとわずかだけれど、どうやってこの11月を過ごしてきたか、詳らかな記憶があまりない気もする

とにかく、明日一日にできることをしよう

明後日も明後日一日にできることをしよう

その繰り返しをしていこう

今日も何とか家に戻ってこられたことに感謝します

今日は「いい風呂の日」だけど、湯船には浸かれない

もう湯船に浸かる日は来ないと思うけど、たまには手足を伸ばして、湯に揺られてみたいもんだ

眠れぬ夜

昨夜は何故だか寝付けなかった

そのせいで、昔録画して、これまで何度も見返しているドラマを、夜更かしして観た

そのため、今日は一日だるくつらかった

それでもヨルバイトを休まなかった

本当は昼の仕事も夜のバイトも何もかもやめてしまいたいけれど

決められたこと、決まったことをただ遂行していくことを選ぶ

何も考えずに済むように

何も感じなくて済むように

愛でもないし、忘れかけたことを思い出したいわけではないけれど、

若いころ、というよりむしろ幼いころ、毎日のように聴いて歌っていた曲をまた思い出す

www.youtube.com

いつか、ぐっすり眠れる日々が来るといいな